コスパ抜群。お手頃価格の万年筆!

      コスパ抜群。お手頃価格の万年筆! はコメントを受け付けていません。

LrMobile1903-2016-1152254856976148917

万年筆といえば、

「使ってみたいけど、お高いんでしょう…?」

と思われる方が多くいらっしゃるのではないかと思います。

実際今手もとにあるカタログを見てみると、PARKERの一番高いもので一本なんと500万円(税抜き)!!

もはや筆記具の枠を超越している(._.)

これは完全受注生産品などの一部の例ですが、海外高級メーカーの万年筆はやはり1万円~数万円のものが人気が高く売れ筋です。これが”なんとなく高そう”というイメージにつながってるのかなぁと思います。

しかし、あくまでも実用筆記具として気軽に使いたいという声も非常に大きく、リーズナブルで優れた使い心地の”入門用“とは侮れないコスパ抜群の万年筆が近年は新たなトレンドとして注目されるようになりました。

今回はそんな気軽に使える実用性とコスパに優れた万年筆を紹介したいと思います(*^^*)

 


① パイロット「kakuno カクノ」¥1000+税

LrMobile1903-2016-1146254022219557517

カラフルでポップなデザインが目を引くパイロットの「kakuno カクノ」

元々は子供向けでしたが、書き心地は大人でも十分に満足できる製品です。キャッチコピーの通りシンプルで使いやすく、万年筆を初めて使う人にはピッタリ。自然と正しい持ち方になるようにグリップが三角軸になっています。そのデザインと手軽さからペンケースに気軽に入れておきたい一本です。

LrMobile1903-2016-1118254883474861147

ペン先のスマイルマークが特徴的

ペン先はステンレス製、字幅は細字と中字が選べます。

 


 

② プラチナ 「PLAISR プレジール」¥1000+税

LrMobile1903-2016-1118253993703372684

こちらはカクノとは反対にトラディショナルな万年筆然りとした外観です。ぱっと見ではとても1000円には見えないデザイン・質感と、本格的な書き味はもちろん一年間使用していなくてもすぐに書き出せる新機構を採用。長期間使用しないとインクが詰まるという万年筆の弱点を克服した点がとても好評です。

LrMobile1903-2016-1141253956909808323

ペン先はステンレス製、字幅は細字と中字が選べます。


 

③ Pelikan 「Pelikano Junior ペリカーノジュニア」¥1500+税

LrMobile1903-2016-1141254376506320663

スーベレーンシリーズに代表される高級万年筆メーカー、ペリカンの製品です。

ドイツで初めて万年筆を持つ子供向けに開発されたもので、正しい持ち方ができるようにグリップが特殊な形をしています。日本でいうところの”もちかた鉛筆”みたいなものでしょうか。

正しい持ち方を覚えるための特徴的なグリップ

正しい持ち方を覚えるための特徴的なグリップ

文字幅は中字相当のみ、ペン先はスチールで柔らか目の書き心地になっています。軸の素材はプラスチック製で、カラフルで素材を生かした透き通ったデザインが好評。特に女性から人気がありますね。


 

④ パイロット「cocoon コクーン」¥3000+税

LrMobile1903-2016-1133254129376133361

高級感のあるビジュアルと適度な重量感がとても3000円とは思えない万年筆です。

ビジネスシーンに持ち込めるデザインで、ペン先も程よく柔らかく、書き心地についても大抵の人にとって不満の無い仕上がりだと思います(*^^*)

プレゼント用としてもかなりおすすめできます。(販売する側からすると、安すぎてお客様の予算を下回ることも多いのが嬉しい悩みです(´ω`)…)

LrMobile1903-2016-1159254095002902229

ペン先はステンレス製、字幅は細字と中字が選択できます。

 


 

⑤ LAMY 「Safari サファリ」¥4000+税

LrMobile1903-2016-1141254316307829332

LAMY(ラミー)といえばこちらを思い起こす方も多いかと思われる、LAMYの人気モデルです。

元はドイツの児童教育向けに開発されたもので、カクノやペリカーノジュニアと同じように正しい持ち方が自然に身につくようなグリップ形状をしています。軽くて丈夫なボディと、大人が持っても遜色の無いデザインが人気の製品です。カラーバリエーションも全7色と豊富。

LrMobile1903-2016-1128254243128878891

ペン先はスチール製、字幅は今回取りあげた製品の中では唯一、極細・細字・中字の3つから選べます。


いかがでしたでしょうか。今回はお手頃な万年筆として、5000円以内で買える入門用にピッタリな製品をご紹介しました。

低価格でも十分実用に耐えるものばかりですが、では価格の高い製品との違いはどこにあるのかという疑問もわいてくるかと思います。

ブランドだったり機能性だったり様々な要素がありますが、万年筆に使われている”材質の違い”が大きいことは間違いありません。

例えば、上記の製品はペン先にスチールやステンレスを利用しています。これが1万円~の製品になると18kや14kの金が使われているものがほとんどになります。

またペン先の形状に細かな工夫をして書き心地を改良していたり、装飾を施したりしてあります。字幅も極細から極太まで選べ、製品によっては硬さも選べたりします。

こうして製造にかかったコストが価格に反映されてくるわけですね。

そんな中から深く突き詰めて自分に合った最高の一本を探していくのももちろん万年筆の魅力ですが、決してマニアックなものではなく実用性たっぷりの筆記具です(^-^)

万年筆特有のボールペンとはまた違ったスラスラとした書き心地と、使い込むほどに自分に馴染んでいく過程をぜひより多くの方に楽しんでいただけたらなぁと思います(*^^*)